外為取引(FX)には取引所取引という取引があります。FX(外国為替証拠金取引)企業と売り買いを行う行為を「店頭取引」と呼ぶのですが、この事は取引所を通さず売買のパートナーは外為取引会社になります。「取引所取引」というのはFX業者はとはいっても仲介役であるので、率直の取引対象は取引所を意味する事になります。その相違をここで少し比較していきましょう。初めに「店頭取引」の次第は預け入れている証拠金は外為会社に統括されています。一方「取引所取引」の例、この証拠金は総額取引所に預託しないといけないと義務にされているのです。もしかして外国為替証拠金取引(FX)業者が経営破たんするなんていうことがあったとしても、取引所取引は取引所によって証拠金が全金額守護されているということになっています。時は外為会社が管制しているから、業況を見て会社破綻の悪影響をを受けて預け入れていたお金は保護されずにいくのかもしれません。加えて税金面からも両者では基準に違いがございます。「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップ利息などを雑所得として給与と加算して報告をしないとなりません。ものの確定申告せず良い機会もあるらしいのでわが身にマッチするか当てはまらないか念入りに検証していただきたいです。万が一貴方がビジネスマンでサラリー二千万円以下給与所得以外の所得が20万円以下(いくつかの事業者から給料の所得がないこと)といった基準を守っている状態でいるのであれば例外措置で確定申告は不要で大丈夫です。FXの利潤が20万円以上の場合は確定申告してください。税率は稼ぎに応じて5〜40%の六段階に仕分けられていまして、実収が高いようであれば税金も値上がりします。「取引所取引」では、もうけがあるのであればその他の儲けとは分けておいて「申告分離課税」のターゲットとなってしまいます。税金の率はすべて20%となるのですが、もしかして損失が確かになったのであるならば「取引所取引」の利点として損金分を翌年以降に先送りが可能です。上記のように、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも安価な税率になる時というのもありますので検討してみた方が良いでしょう。特に新参者の場合、JASDAQ株価の動きや円高に毎日配慮し、黒字や欠損分にスリル満点のあまり、税金においての問題を忘れて放置になってしまうこともあります。損は困ります。でも、収益が上がれば税金も値上がりするので注意と意識が大切でしょう。