一般的に自動車保険の会社は手厚いと案内をしますが、乗用車の事故を起こしてしまった状況で実際に正確に取り扱ってくれるか気に掛かります。ことさらネットで加入するダイレクト自動車保険と称されるお店が整っていない自動車の保険会社では直接対応していないことが心配になりがちです。だからといって通販型と実際にある店を所有している自動車保険の会社の対応力にほとんど相違はなくダイレクト型自動車保険のほうが経費が減らせる分保険掛金が安く抑えられているので自動車の事故にあわなければ掛金を安くすることが可能です。それでは自動車保険会社の違いによって取り組みに差異が存在するかといえばノーではありません。その違いは店舗型、通販型自動車保険という区別ではなく、それぞれの自動車保険会社によって対応をしてくれる時間帯や日にちがちがうことが挙げられます。乗用車の事故はいつあうか当てることはできませんので、事故の対応は24時間365日受付してくれるのは必須条件でありますしさらに祝祭日や早朝にそのような事故処置が正確にされているかを知っておくことが大事です。業者によっては、24時間事故の対応でも事故受付時間が平日と違っていて短くされている保険会社もありますので知っておくことが大事です。別の話として万一を想像して自動車の保険の会社の対応拠点もしっかり調べておくことも必要です。どんな保険会社でも対応拠点が遠ければ処置がすぐに行えないケースもあったりしますので近くに存在するかどうかも事故処理のちがいを検討するものさしのひとつです。大型の保険会社は区域ごとに対応拠点があるようなこともありますので対応も十分でその状況で行うべき対応にもきちんと指示してくれると評判がいいです。