車の買取査定の留意点として重要視されるひとつに走行距離がまず考えられます。走行距離は自動車の消費期限とみなされることもありますので走行距離が長い分だけ買取査定にはマイナス材料になるでしょう。一般的には走行距離だけで見れば短ければ短いだけ愛車の見積額は上がりますがそんなに突っ込んだ線引きは存在しなく一定のベースラインで査定額が算出されます。これについては実際、自動車を買い取り専門店に下取りをする時も重視される大切なポイントなのです。例えば、普通車だと年間で10000キロを目安としてこの走行距離を超えて走っていると多くの場合マイナス査定の要因になるなどです。軽自動車だと年間標準走行距離が8千kmがまた年式が古い割に距離が非常に短いとしても、査定額が高値になるというわけでもありません。実際、実行するとよく分かりますが、車は放っておかずに走らせることで車両のコンディションを保ちますから、あまりにも走行距離が少ない自動車ですと、故障を起こしやすいとも考えられることもあると思います。これは車を手放す場合でも同様です。一般的には年式と走行距離についての売却額査定の留意点は、年式にたいして適切な走行距離かどうかということです。そしてその車の初年度登録からの経過年数も売却額査定の大きな留意点です。きっちりと分かっているんだというかたも多いと考えていますが、普通は年式については最近であるほど査定には高評価が出やすいのですが稀にですがその年式の車に特別な価値があるブランドは、古い年式であっても高く査定してもらえるケースがあります。、同様のブランドで同一の年式であってもちょうどその年にマイナーチェンジ、モデルチェンジがなされている場合は、もちろんそれぞれの場合次第で買取額は変わってきます。同じ自動車を査定するといっても様々な要素で売却金額は大きく変化してくるのです。