どこにでもある初心者用の外為取引のテキストでは「損が生まれた時はナンピンをすることで、平均の買い付けコストをコントロールする」と説明されていますが、ナンピンには大きな危険性があると考えます。紀州南高梅 ランキング

ナンピンの理屈についてとても簡単に記述します。税理士が教える会社設立前に最低限知っておきたいことまとめ

例として1ドル=100円でドルを買ったとします。ベット 人気 安い

$(ドル)買いですからドル高に動くほど儲けが出るわけですが、不幸にして1ドルが95円まで円高に振れてしまったとします。敏感肌 美白 化粧水 口コミ

その場面で所有し続けたら、損がなくなるまでには、円高になった分円安に動く必要があります。リンクス 池袋

投資家であれば、マイナスは可能な限り早くリカバリしたいと思います。TBC 札幌

この状況を乗り切るため最初に売買したのと同じだけのドルを、1ドル=95円で売買します。ナイトブラ 口コミ

そうしたら、ポジションの平均の買い付け単価は97円50銭まで低くする事が出来ます。

すなわち、2.50円の幅でドル高に推移すれば、赤字を取り戻す事が出来ます。

それが、ナンピンの原理です。

ナンピンの仕組みを理解すると、「もっともだ」という気分になるが、為替相場は簡単には問屋を卸してくれない。

1ドル=95円が下値だということなど分かりません。

もしも、マーケットがかなり強いドル安トレンドだったら、95円では収まることなくさらに一層円高ドル安にいく確率はあります。

例として、1ドル97.50円でナンピン買いをして95円まで円高が進んだらナンピン買いをしたポジションも、赤字が生まれます。

この状況では、一番初めに持ったポジションと一緒に2倍の損失が生まれる事になります。

この通り、ナンピンは難しいです。

それなら、為替相場があなたの脚本とは逆の方向にさっさと進む場合どういう手段で危険の確率を管理すればいいのでしょうか。

選べる選択肢は2つ。

ひとつは潔く、ポジションを諦める事です。

別の方法としては今、自分自身が保持しているポジションを小さくする事で、もう一度市場が回復するのをじっと待つことだ。

かなり控えめな手段だと感じる投資家もいます。

けれども、自分のポジションに損失が出た時一番リスクが低い手段はそれ以外にはありません。

考え方としては、ナンピン買いをするという手法もありえます。

だがしかしナンピン買いは自身が損失を披っている場面にもかかわらず、買いポジションを整理するどころか、それとは反対にポジションを積み重ねていく考え方です。

この方法では、危険性を制御することなどどう頑張っても可能ではないと思ったほうかいいだろう。

ナンピン買いを続ければいつの日にか儲けが出るかもしれません。

だがしかし、そうなる前に資金がショートしてしまうだろう。