思いがけず遭遇してしまうのが自動車の事故です。

その場面でどんな風に対処した内容が原因となり、保険金の受け取りもかなり大きく異なることも想定されますので適切な決断力と対応が不可欠です。

想像できない場面に遭遇して混乱してしまったら必要不可欠な対処を見過ごしてしまい、先々自分がかなりの損を負うケースも想像できるので自動車事故をしてしまった状況では落ち着いて以下に述べる判断するようにするとよいでしょう。

自動車事故に遭遇した場面で最初にするべきは怪我をした人がいるかどうかの確認です。

自動車事故の後は訳が分からずショック状態になってしまうことがありすぐには対処できないのが一般的です。

その場面では、怪我人がいた場合は危険ではないところに移動してから応急手当を行って周りの人に助けを求めるようにして救助最優先に努めることが大事です。

救急車に連絡する場面でははっきりと位置を連絡して、良く分からない場面では周りの目立つお店や地点を知らせ住所が判断できるようにします。

次に警察署に通報し、事故が発生したことさらに様子を話します。

救急車と警察が来るのを待つ間に怪我人の身元を調べます。

姓名、電話番号、免許証、ナンバープレート、相手側の保険会社名という互いの内容を伝えます。

この時に相手にミスが存在する状態では、即刻片付けようとすることが考えられますが事故現場で結論を出すのではなく、どういった状態であれ警察や自動車保険会社に通報して、ちゃんと調査してもらうことが重要です。

それぞれの身元を教えたら車のさまたげになることをやめるために障害となる物を路上から取り除きます。

仮に障害となった物が交通の障害となっている場合にはお互いの情報の交換をするより優先してその対応を行っても問題は起こりません。

ここであなたが入っている車の保険会社に知らせ自動車事故を起こしてしまった事を報告します。

自動車での事故から特定期間内に自動車の保険会社に連絡を入れないと交通事故の保険の適用除外となる場面も想定されますのですぐに電話をすることが必要不可欠です。

可能ならば事故内容の証拠としてコンパクトカメラや携帯などを用いて現場や車の破損を見ることができる写真を写します。

これは落ち度の割合決める重要な役割となるので、自分の自動車や相手方の乗用車の故障個所を全部カメラに残しておくことが重要です。

その場面で他の人がいたとしたら警察や保険屋さん来るまで事故現場にそのまま待機してもらえるように呼びかけることも重要です。