どこにでもある初心者向けのFX投資のテキストでは「損失が生じた時にはナンピン買いを入れることによって、全体の平均の買い付けコストを抑える事ができる」等書かれているが正直に言うとそれは目に見えない罠が隠れています。富士薬品

ナンピンの方法についてごく簡単に述べておきます。フレキュレル

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとする。ゴールデンウィーク 短期バイト

$買いということでドル高になるほど儲けを得られますが、反対に1ドル=95円までドル安が進んでしまった。審査甘い消費者金融

その場合ポジションを持ち続けたらプラスになるためには、円高になった分ドル高に向う必要があります。ゾンビ漫画 おすすめ

マイナスは可能な限り早く戻したいと願うだろう。アーセナル

それを解決するためはじめに取引したのと同額の$(ドル)を、95円で買い増します。美甘麗茶

これで、全体の買い付け単価は1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。

結果として、2.50円の幅で円安ドル高が進行すれば、損を取り戻す事が出来ます。

こういったことがナンピンのロジックだ。

このとおり、ナンピン買いのやり方を聞くと、「確かに」と考えるが相場はそう容易には問屋を卸しません。

だいたい、95円が底だということなど、誰にも予想できません。

仮定として、外国為替市場が強い円高ドル安地合だとしたら1ドル=95円では収まることなく、さらに円高ドル安になるリスクが高いです。

例として、97円50銭でナンピン買いをした時に1ドル=95円まで円高ドル安になったとしたら、ナンピンをした分についても損が生まれてしまいます。

この状況では、最初に取引したドルと合計で、二重の為替差損が生まれます。

それほど、ナンピン買いは大変です。

ならば、市場が自らの台本とは別の方向に進む場合、いかなる術で危険の確率を軽減すればいいのだろうか。

そこで取れる道は2つあります。

まずはじめは執着しないで、損切りをする事です。

別の方法としては、その段階で、所持しているポジションを減らす事で、再び外国為替市場が元のようになるのを大人しく待つことだ。

大人しいやり方だと思う人もいると思います。

しかし、所有している買いポジションに為替差損が生じた場合、最も有効な対策はそれ以外にはありえません。

当然、ロジックとしては、ナンピン買いをする考え方もありえます。

だけどナンピン買いは、あなたがマイナスになっている状態にもかかわらずポジションを整理するどころかそれとは逆に買いポジションを積んでいく方法です。

この手法では、危険を管理することなど、到底不可能だと思ったほうがいいです。

ナンピンを続ければやがては儲けが出るかもしれません。

しかし、それより先に投資資金が足りなくなってしまいます。