愛車を買い取ってもらう時、それから車両の買取のさいも印鑑証明という書類が必要です。マカ+クラチャイダム

この印鑑証明という書類について説明しましょう。レモンもつ鍋

印鑑証明という書類はその印鑑が実印で間違いないことを保証する目的の書類です。風水

これがないと使っている印鑑が実印で間違いないかどうかが保証できません。

大きなお金が動く売買になる愛車の売却のため実印が必要になりますがその際に印鑑証明が要るのです。

印鑑証明書を交付してもらうためには、まず印鑑証明する必要があります。

登録する印鑑は実印と呼ばれていて、同じものが二つとない印鑑でなくてはなりません。

実印を持ってお近くの役所の取次ぎ所に行けば印鑑登録できます。

手続きが済むと、印鑑登録カードがもらえて登録したハンコは実印ということになります。

印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうには、役所へ行き、専用の書類に必要事項を書いて印鑑登録カードを出す必要があります。

それに、自動交付機でも発行してもらう事が可能です。

印鑑証明には期限切れなどはありません。

ですので、いつの印鑑証明だとしても効力は半永久的に持続することになります。

しかし、車買い取りの時は必要になるのは3ヶ月以内に発行された書類でなければ無効になります。

通常は有効期限の定めはありませんが所有車の売却の時は、買い取る側が期限を決めているので愛車の買取の予定がある場合は、あらかじめ用意しておくとよいでしょう。